汗が出ない人も

汗が出ない人も

汗がたくさん出すぎるのもつらいですが、逆に汗が出なくて困っている人もいらっしゃるんです。

 

汗が出ないという人にはこんな思いを持っている人がいます。汗を出そうと半身浴をしても汗が出ない。いろいろしてもダメ。汗がたくさん出るのは健康だということ。なぜなら新陳代謝がいいわけですから。私は体に毒がたまったままのような気がします。汗をいっぱいかけるといいなと思っています。

 

汗をかく人とかかない人で、思いも全く違ってきます。
共通していることは、お互いに汗でとても悩んでいるということです。

 

汗が出ない典型的な症状としては、年齢を重ねることで、汗腺の機能が低下して汗をかきにくくなります。
年を取ると、足のかゆみが出る方がいますが、これも汗をかきにくくなることと関係があります。なぜかというと、足の汗腺が老化して、汗をかきずらく、皮膚が乾燥してしまうからなんです。

 

汗が出ない病気としては、糖尿病で末梢神経に障害が出ると、下半身の汗がでにくくなるという症状が出ます。

 

それから難病に指定されているシェーグレン症候群があります。中年の女性に発症が多いです。自己免疫による疾患でいくつかの要因が複雑に関連して発症します。体の汗腺に障害が出ます。主に、涙腺と唾液腺に障害が多く見られます。

 

病気でない人でも、体の代謝が悪くて汗をかきにくい人は多いです。
そうした人には、ぜひ基礎代謝を高くする運動、トレーニングを生活の中にしっかりと組み込んでいくことをおすすめします。汗は体の体温調節を担います。外の暑さからの体温上昇だけでなく、体内の代謝によってできた熱も汗で放出するわけですから。

基礎代謝と汗

基礎代謝って聞いたことあるけどなんだかわからないという人多いのでは?
汗があまり出ないという方には、ぜひ参考にしていただきたいです。
基礎代謝とは、人間が命を維持するのに必要とする最低限のエネルギーのことです。このエネルギー消費のうち約6割が筋肉の熱生産に使われます。
基礎代謝を高めることで、汗をかきやすい体質にすることが重要で、そのためには筋力の維持が必要です。また、筋力をアップするこもおすすめです。

 

つまり、基礎代謝を上げるということは、筋肉を増やす筋トレが有効手段になります。例えば、火曜日と木曜日には筋トレをして見るなど具体的に取り組みたいですね。筋肉痛でいたくてしょうがないなんて程する必要はないので、目標を持って取り組みましょう。

 

また、汗が少ない方は、汗腺の機能をアップすることが必要です。筋トレと同時に、有酸素運動も取り入れましょう。週末には、ランニングまたは、散歩するなどいかがでしょうか。上手に運動を一週間のスケジュールに入れて、健康な体にしていきましょう。